「学ぶ」ということ

高校時代、数学の先生に「答えを写したノートはわかるか」と聞いたことがある。その先生は「わかるが、考えながら答えを写すことには意味があるからちゃんと受け取る」と言った。

少し前から絵を描き始めた。実際にやってみるとなかなかどうしてうまくいかない。絵の上達方法を調べてみると、やたらと模写しろ模写しろと言われる。

学ぶということの1歩目は、真似をすることなのかもしれない。

たとえば数学の勉強をしようとして、教科書を開く。はじめは理解できないだろう。問題集を解こうとしても、手が動かないかもしれない。

たとえば絵を描こうとして実際に手を動かしてみると、自分の下手さに驚愕するだろう。参考書を買って読んでみても、なかなか身につかないかもしれない。

たとえばピアノを弾こうとして実際に弾いてみると、手がまったく動かないことに気づくだろう。試しにハノンから始めてみても、うまくならないかもしれない。

誰も最初から秋山仁のように数学はできないし、和泉つばすのように絵は描けないし、天野こずえのように漫画は描けないし、クラウディオ・アラウのように演奏はできないし、佐藤直之のように曲は書けないし、朝井リョウのように小説は書けないし、紫舟のように字は書けない。

それどころか彼らを真似することすらできないだろう。

真似ることには意味がある。真似るのは難しい。考えながら真似ることで自分の力になる。

最初は東大物理の問題を解くことはできなかった。それどころか名問の森でも苦戦した。解答を読みこみ、写し、考え、そうしていくうちに、だんだん解けるようになっていく。

最初はプログラムを書くことはできなかった。素数を並べるプログラムだって書けなかった。初歩の参考書を読みこみ、写して動かし、考え、そうしていくうちに、だんだん思い通りのプログラムが書けるようになっていく。

最初は曲を書くことはできなかった。適当なメロディーを作るのでさえできなかった。いろいろな曲を聞き、分析し、考え、そうしていくうちに、だんだん自分のメロディーを紡げるようになっていく。

物理も数学も国語もプログラミングも同じだ。書道だって同じだし、絵だって同じだし、音楽だって同じだと思う。真似ることだけでは自分で解けるようにはならないけれど、真似ることは必ず大きな一歩になる。

何もできないなら、まずは真似をしよう。真似をしようとしてみよう。そして分析するんだ。考えるんだ。

解答を写すと先生に怒られるかもしれない。模写をツイッターにあげると「そんなの誰だってできるじゃん」と叩かれるかもしれない。曲をSoundCloudに投稿したら「あの曲に似てるじゃん」と言われるかもしれない。そうではないのである。いや、そうかもしれないが、そうではないのである。

そういうバカには自信をもってこう言えばいいのである。「学ぶということは、真似るということだ」と。

真似ることをためらってはいけない。真似よう。真似をしようとしよう。そして強くなろう。理想への階段を11段登っていこう。


自殺未遂をしました

生まれてはじめて「自殺」というものに近いことをしました。

抗うつ薬・抗不安薬・抗精神病薬をあわせて150錠くらい飲みました。正確な数はわかりません。

もちろんただ飲んだだけでは死なないと思っていたので、ワインを入れて、部屋をなるべく寒くして、長時間放置されるような状態にしておいたつもりでした。

起きたら45時間くらい経っていました。目覚めた時はとてもなさなけなったです。

1月4日の昼に寝たので、僕の世界に1月5日はありませんでした。

今でも気分はフラフラで、まともにタイピングもデレステもできない状態でした。

昨日(おととい)の昼から今まで記憶がしどろもどろになっている気がします。

体の各神経がおかしくなってる気がしますが、とりあえず生きてます。

これでさすがに僕の肝臓には結構な負担がかかったんじゃないでしょうか。

もともとお酒が強いのでこれくらいでは大したことがないかもしれませんね。

お薬はもうなくなったので、自殺するなら別の手段、というところでしょうか。

すこしやりすぎた感じがしますね。視界がボヤボヤです。うつらうららかです。

おやすみなさい。


アイドルの声の違いを可視化する(eeic Advent Calendar 2016)

eeic Advent Calendar 2016の4日目の記事。本当はチノちゃん関連のことを扱いたかったのだけれど、Advent Calendar的には重く、また簡単にはそこまでの精度が出せないので諦めた。

さて、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(以降「デレステ」)をやっていると、時々誰が誰の声かわからなくなることがあるよね。ない?ないか。そうか。

というわけで、アイドルマスターシンデレラガールズ(以降「デレマス」)に登場するアイドルたちの声の違い、つまりそれぞれの声がどのくらい違うのかを可視化してみたいと思うわけだ。

ちなみに「アイドルマスターシンデレラガールズってなんやねん」とか「聞いたことあるけど全然知らないよ」っていう人でも楽しめる内容にしているつもりだ。

続きを読む


僕の考えた最強のCDリッピングメソッド

大昔は音声圧縮といえばmp3かOgg Vorbis、無劣化であればwavかaiffであった。近年、可逆圧縮形式もflacやalacをはじめとして多く現れ、非可逆でもAACやOpusをはじめとした多くの形式がある。そんな現代を生きるものとして、CDをリッピングするという前時代的な作業をいかにすれば統一的に、美しく、かつ扱いやすく完成させられるかという問題に対する1つの解決策を示したい。

続きを読む


新・Atomでplatex->dvipdfmxを実行する話

以前、AtomのLaTeXパッケージを使ってplatex->dvipdfmxをゴリ押しする方法を紹介した。しかしこの方法はsudo権限のある領域にシェルスクリプトをおかなければならず、これでは権限のない状況では無理だった。

調べたところlatexmkを叩く際のargsを直接書き換えてしまえばいいらしい。

~/.atom/packages/latex/lib/builders/latexmk.jsのconstructArgs内を激しく書き換える。

TeX Wikiにも同じような方法が書いてあるのだが、これではうまくいかなかったので、こんな感じにした。

当然パッケージの設定は無視しまくるので、復元したい場合はパッケージを再インストールしよう。

MacとDebianで動作を確認しました。Windows? 知らんOSだな。


カテゴリー: Atom

モリサワのライセンスをミスった話

PC変更手続きをしないままOSの再インストールをすると、モリサワのフォントがインストールができなくなる。LETSはガバガバなのでできるのだが、モリサワは厳しくて難しい。というかむしろフォントワークスはそれでいいのか。

同一のPCであればサクッと認証回避できるらしいのだが、別PCの場合となると話は別。というか僕の場合は仮想だったのでさらに話がややこしいことになってしまった。モリサワの電話担当のお姉さん、ごめんなさい。

サポートに電話して20分ほどで、メールによる誓約書送信という形になった。メールも送信後20分ほどで対応をしていただけたよう。非常に迅速でさすがフォントのプロといった感じ。

とりあえず仮想環境ではモリパスを使わないでくれ、とのことでした。他にも移行アシスタントは使ってはいけないとか、モリサワの書体に関しては制約が大きい。もうちょっと便利にならんかなとか思ったりもするけどどうなんだろう。AdobeのTypekitみたくなればな、多少はマシなんだがな。ってか/Library/Fonts/に全部インストールするのやめろ。システムのヒラギノとバッティングするんじゃ。わけわからんところにインストールするAdobeのTypekitを見習おうな。

みなさんもOS再インストールの際はPC変更手続きを忘れずに。