モリサワのライセンスをミスった話

PC変更手続きをしないままOSの再インストールをすると、モリサワのフォントがインストールができなくなる。LETSはガバガバなのでできるのだが、モリサワは厳しくて難しい。というかむしろフォントワークスはそれでいいのか。

同一のPCであればサクッと認証回避できるらしいのだが、別PCの場合となると話は別。というか僕の場合は仮想だったのでさらに話がややこしいことになってしまった。モリサワの電話担当のお姉さん、ごめんなさい。

サポートに電話して20分ほどで、メールによる誓約書送信という形になった。メールも送信後20分ほどで対応をしていただけたよう。非常に迅速でさすがフォントのプロといった感じ。

とりあえず仮想環境ではモリパスを使わないでくれ、とのことでした。他にも移行アシスタントは使ってはいけないとか、モリサワの書体に関しては制約が大きい。もうちょっと便利にならんかなとか思ったりもするけどどうなんだろう。AdobeのTypekitみたくなればな、多少はマシなんだがな。ってか/Library/Fonts/に全部インストールするのやめろ。システムのヒラギノとバッティングするんじゃ。わけわからんところにインストールするAdobeのTypekitを見習おうな。

みなさんもOS再インストールの際はPC変更手続きを忘れずに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です