mpvで動画をエンコードする

ffmpegでええやん。

さて、いろいろなモロモロがあってffmpegでエンコードできないとき、mpvでエンコードを走らせることになった。YouTubeとか、いろんな色の円盤とか、そういうのが一発でエンコードできてしまうので、やっぱり必要になってくる。ニコ動にも対応してくれ。

–o=<filename>
ファイル名の指定。拡張子でフォーマットを自動判定する。

–of=<format>
フォーマットの指定。拡張子での推測を上書きする。helpを指定すると一覧が見れる。
拡張子がウソをつくのもあれなので、普段は使わなくてよいのでは。

–ofopts=<options>
フォーマットオプション。helpを指定すると一覧が見れる。
よくわからないので使ってない。たぶんカンマ区切り。

–oac=<codec>
オーディオコーデック。helpを指定すると一覧が見れる。
aac, vorbis, libfaac, libfdk_aac, libmp3lame あたりが標準的かな。

–oaoffset=<value>
オーディオのオフセット。単位は秒。

–oacopts=<options>
オーディオコーデックのオプション。helpを指定すると(ry
b=<bitrate(bits/s)>, ar=<sampling rate(hz)>, ac=<channels>など。

–ovc=<codec>
ビデオコーデック。helpで(ry
libx264, libx265あたりを使っておけばいいのでは。

–ovoffset=<value>
ビデオのオフセット。

–ovcopts=<options>
ビデオコーデックのオプション。help(ry
b=<bitrate (bits/s)>, x264-params=<params>, x265-params=<params>など。
x26?-paramsはコロン区切りのffmpegで使うやつがそのまま使える。
x265-params=crf=24:bframe=2みたいな

まとめると、

mpv ytdl://fuga –o=”hoge.mp4″ –oac=libfdk_aac –oacopts=b=384000 –ovc=libx265 –ovcopts=x265-params=crf=24

みたいな感じになる。コーデックでcopyはできないっぽいですね。

追記:mpv、なんか知らんけど非常に結果の画質が悪いっぽいということがわかった。面倒でも生のデータを抽出したうえで、ffmpegにかけたほうが断然よいみたい。


カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です