mikutterをいじりたおす 第1回

大学の実験「大規模ソフトウェアを手探る」でmikutterを扱ったお話。

数回にわたって、僕がmikutterをどんなふうにいじり、どんなふうに改悪したのかをまとめていきます。少し冗長で長く感じる(冗長な表現!)かもしれませんが、まったくでかいプログラムに触れたことがない人でもいじれるくらいの細かさを心がけたつもりです。ただし、Rubyの文法はちゃんと知っているという前提で進めていきます。

タグ、もしくはカテゴリ「lecture_doss」で本授業の記事のみ参照することができます。

※ 本投稿は一応正式なレポートです。
※ 一部Gitや発表プレゼンでの実装と異なる部分があるかもしれません。ご了承ください。

続きを読む